日大アメフトの件について

お疲れ様です。就寝前にコーヒーを飲んでしまい眠れないのでたまには時事ネタにでも触れてみようと思います。

 

最近はスポーツ界の不祥事が多いように感じる。スポーツ以外の取り柄がない脳筋老害を指導者にしてしまったスポーツ界並びに教育関係のお偉いさんには、是が非でも責任を感じてもらいたい所である。

そしてスポーツの世界だけは金や権力などの云々を持ち込まず、選手の実力が正当に評価される場であることを切に願う。

 

日大アメフトの件について、大前提として指導陣が卑劣極まりないゴミクズだという事を最初に述べておきたい。

その前提の上で、悪質なタックルをした選手ももちろん悪いと僕は思う。

ニュースやネットを見ていたら、「弱冠二十歳の青年が顔を出してしっかり謝罪していて偉い」なんて意見をよく目や耳にしたけど、それはどうも納得できない。

もし被害者が死んだりしてたら徹底的に叩くくせに怪我で済んだからって美談っぽくするのが平和ボケしたアメリカ人みたいで気持ちわりいんだよな。

彼がどんな状況に置かれていようと、彼のした事はスポーツマンとしてあるまじき事であり、相手に怪我まで負わせている(怪我で済んだよかったレベル)のだから、批難される覚悟を持って謝罪する事は至極当然の事ではないだろうか。

極論かもしれないが、身体を監督にリモコンで操作されていた訳ではないのだから、少なからず自分の意志で反則を犯したのだ。同情くらいはするが許せはしないし、ましてや称賛の声をあげるなんてちゃんちゃらおかしい。

彼は二十歳(恐らく二年生?)で何かの代表にも選ばれるような選手だったのだから今すぐに試合に出られなくてもアピールチャンスはたくさんあったのでは?とも思うし、スポーツをやって来てずっとレギュラーだったりした訳ではない僕からしてみると、代表に選ばれるような実力がありながら反則によって試合に出ようとする彼の姿勢は真剣に練習に取り組んでいても実力が足りなくて試合に出られない選手に失礼極まりないと感じてしまう。その辺のオツムが足りてないようじゃどの道将来はなかったかもね。

 

スパルタ指導や根性論ってのも限界が見えてるよね。たまにスパルタや根性論を履き違えた指導者が虐待まがいのことをして悪いイメージが一人歩きしているけど、僕自身はそれらを悪い事だとは思わない。

むしろスポーツで結果を求めるなら多少は必要だと思う。

ただそれは弱小チームレベルでの話であって、本当に強いチームや選手には強い精神力や根性は当たり前のように備わっているというのが僕の意見。

指導者がやかましいチームなんてせいぜい県ベスト4くらいが関の山だろう。

勝利至上主義は大いに結構だけど、ここ一番の勝負で重圧に押しつぶされて楽しむ余裕もない選手や指導者は二流なんだよな。

日大アメフト部ほどのチームなら実力も根性も備わった選手ばかりだと考えられるだけに、首脳陣の指導方針には本当に腹が立ってしまう。

 

 

 

な〜にが日大Phoenixだバカタレ。

不死鳥の頭がそんなんじゃ羽ばたくもんも羽ばたかねぇっての!

花園の決勝で選手に笑顔でプレーしろと言って見事優勝した東福岡高校Phoenix(ラグビー部)の監督のションベンでも飲んで選手全員に後ろからタックルされればちっとはマシになるんじゃないか?

時代の流れに付いて行けない、選手との信頼関係も築けないような奴が偉そうに間違った熱血指導したかったらな、未だに坊主頭にするのが美徳とされてる時代遅れな部活がいくつかあるから、そこで兎跳びでもやらせてろタコ!!

 

※当方野球は好きですし野球部の方々を卑下するつもりは毛頭ございませんのでご了承ください。また、ニュースをチラ見した程度の知識でほざいているだけですから、意見や不満等ございましたらご一報ください。

 

さようなら。